女性 40代 抜け毛 薄毛 原因 予防

リーブ21

女性の40代の抜け毛 薄毛の原因と予防

更年期を迎えるアラフォー世代の女性に多い症状といわれるのが、「びまん性脱毛症」です。

 

これは毛髪が全体的に薄くなってしまうという症状で、分け目部分に頭皮が目立つ状態になります。
男性と違って額の生え際が後退するということはないことが特徴的です。

 

発毛サイクルが短くなる

女性の場合は、抜けていくよりも、ヘアサイクルが短くなることで、髪が細くなります

原因
女性ホルモン

原因はストレスや食生活のほか、加齢などによる女性ホルモンの分泌がなどが原因とされています。

 

女性はデリケートにできていますので、加齢によって女性ホルモンの分泌が減少したり、男性ホルモンが優位になったり、ストレスによって副腎ホルモンが多くでるようになったりでホルモンのバランスは崩れてしまいます。

栄養

それ以外にも十分に栄養を摂らなかったり、薬の投薬によっても、ホルモンのバランスが崩れることがあり、それが髪に影響がでます。

 

女性ホルモン

特に特徴的なのは髪は女性ホルモンの影響を強く受けると言うことです。
女性ホルモンの分泌が少なくなると、髪の毛が細くなり、貧弱になるということです。
若いときと違いその後に健康で太い髪の毛が後から生えてくるわけではないので、頭皮が薄く見えるようになります。
特に更年期のころはこの分泌の異常傾向が高まります。

 

薄毛の原因が、更年期によるホルモンの異常であるかどうかは、婦人科での血液検査で分かります。
気になる方は一度婦人科の専門医に相談して検査してみるといいでしょう。

 

シャンプー、スタイリング剤、ヘアカラー

もしそうでない場合は、シャンプーやスタイリング剤、ヘアカラーやパーマなどが原因であるケースもあります。

 

娘さんが買ってくるシャンプーを何気なく使っていたり、発色がいいからと白髪染めばかり使用していたりすると、頭皮や髪の毛が痛んでしまい、抜け毛の原因になってしまうのです。
もし、「最近頭皮がいたんでるな…」とか「抜け毛が気になるな」と思い始めたならシャンプーやスタイリング剤を刺激の少ないスカルプシャンプーや、刺激の少ない天然由来のものに切り替えるといいでしょう。髪の毛や頭皮をいたわることで、痛んだ髪を回復させることができます。

 

生活習慣

もちろんストレスや生活習慣も見直す必要があります。

 

余計なストレスは出来るだけ減らし、栄養に気を遣ったバランスのよい食事を摂ることで、頭皮や髪の毛の健康をとりもどすことができます。

 

髪は女の命です。

 

正しいケアを行い、正しい生活習慣を送ることで抜け毛や薄毛を克服しましょう。

 

もう既に抜け毛や薄毛で悩まれている方にはリーブ21のホームケアシャンプーとコンディショナーがおすすめです。
試してみましたので、ご確認下さい。→リーブ21体験
40代の育毛シャンプーはコチラ→40代おすすめシャンプー