40歳過ぎたら育毛シャンプー

リーブ21

女性 40歳過ぎたら育毛シャンプーが大事になります。

女性の髪の毛の問題は、ずばり言って40代になってから本格的になってくるって知っていましたか?

実は女性の髪の毛は年齢とともに衰えているのです。40代女性の髪の毛の悩みのひとつに髪の毛のボリュームのなさがあります。

 

女性の頭皮のトラブルは主に薄毛という形になって表れます。男性の脱毛症と違い、髪の毛そのものは残りますが毛の一本一本が細くなるため、髪の毛そのもののボリュームが少なくなってしまうわけです。
これの原因も多くは加齢や女性ホルモンの分泌の減少によって血行の流れが悪くなり、毛根の働きが悪くなることからきています。基本的に女性ホルモンの分泌は20代をピークに段々と減少していきます。その結果ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンの影響を受けるようになります。

 

男性ホルモンが強くなると、頭皮の組織の再生サイクルが徐々に遅くなってしまって髪の毛の生え変わりが遅くなり、さらにはキューティクルな髪の毛の作りが失われて産毛に近い状態になってしまいます。これが加齢とともに髪の毛のハリやツヤがなくなっていくメカニズムなのです。いうなれば、女性の髪の毛の問題は40代から始まるとともいえるでしょう。

 

そして美しい髪の毛を維持するには、普段の食事や生活習慣は言うまでもなく、シャンプーやトリートメントにも気を遣いたいところです。
正しい洗い方と、髪の毛に気を遣ったシャンプーを使ってきちんと洗髪することで汗やホコリなどによる頭皮の汚れや毛穴の詰まりをしっかり取っていくことで、毛根の成長の妨げを防ぐことができるのです。

 

そして、必要な頭皮の状態を保つには、髪の毛のことを大事に考えて作られた育毛用のシャンプーの存在が不可欠です。
育毛用シャンプーの多くは普通のシャンプーと違い、髪の毛の脂を落とすことよりも頭皮や毛根の健康状態を保つためにどうしたらよいのかを考えて作られています。確かに髪の毛の脂分を落とすのは清潔感を保つために大事なことですが、髪の毛のことを考えた場合、それよりも必要な頭皮の脂分を落とさないほうが、実は髪の毛や頭皮にとってはよいわけなのです。

 

適度な皮脂が、実は外部からくるホコリや汗などから頭皮を守るバリアの役割を果たしてるため、過度に皮脂の脂を落とすのは髪の毛のためにはよくないことなのです。ほかにも育毛シャンプーには、皮脂の保湿やコーティングのために色々な天然成分を配合していますので、安心して使うことができます。

 

私にはまだ…と思っている方も、いつ髪の毛のトラブルがやってくるかはわかりません。美しい髪の毛の状態を保つためにもいまから育毛用シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

40代からのおすすめ育毛シャンプー