女性の年代別 薄毛の原因

リーブ21

女性の年代別 薄毛の原因

女性にとって「髪は命」、年齢とともに衰えを感じていくのは誰にとっても悲しいこと…でも現実にはだんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛など、さまざまな形で「加齢変化」が目立ってきます。

女性の年代別毛髪の特徴

髪の密度は20歳がピーク、太さにおいては35歳がピーク。その後は密度・太さともに衰えていき、30代後半くらいから「髪のうねり」も目立ってきます。
そして40歳前後で急に髪の衰えを感じる女性が増えます。薄毛、抜け毛の悩みは老若男女…すなわち年齢性別問わずに広がりを見せています。
中でも中年〜更年期にかけての、女性に増加傾向があるとも言われていますが、最近では20〜30代の女性も薄毛や抜け毛で悩まれている方が少なくありません。

考えられる薄毛の原因

特に考えられるのが、ストレスなど生活習慣に関係する乱れが関わっているといわれており、中年〜更年期の女性の場合は主にホルモンバランスの崩れが原因の一つという事がわかっています。
質的には女性の方が男性よりもデリケートといわれていますが、女性のかかりやすい薄毛にはトリコチロマニア、牽引性脱毛症、分娩後脱毛症、びまん性脱毛症があります。

トリコチロマニアとは

トリコチロマニアは、抜毛症とも呼ばれる、強いストレスから本人が無意識あるいは意識的に、自ら毛髪を引き抜く行為を繰り返し行うため抜け毛(脱毛)が進行していく病気で若い人に多いです。

牽引性脱毛症とは

牽引性脱毛症は、長時間頭髪を強く引っ張られる状態が続いたときに発症する脱毛症のことで、ヘアスタイルの関係上、女性に多い脱毛症です。牽引による毛根への過度の負荷が原因で発症しますので、育毛剤の塗布などの対症療法を行っても発毛・育毛に繋がりません。
普通の束髪スタイルをやめる事で、自然と戻ります。

分娩後脱毛症とは

また、妊娠中期から出産までに多いのが分娩後脱毛症で、妊娠するとホルモンバランスが異常になるため妊娠抜け毛が起こりますが出産後は自然と治癒しますので心配はいりません。
妊娠時には赤ちゃんに栄養を取られたり、ホルモンバランスが崩れたりすることで様々な影響が出ます。

40代のびまん性脱毛症

40代のアラフォー世代の女性に多いいわれる症状に、びまん性脱毛症があります。これは毛髪が全体的に薄くなってしまうという症状で、分け目部分に頭皮が目立つ状態になります。

 

アラフォー世代に多く、男性との違いとしては額の生え際が後退するということはないようですね。加齢、ストレス、食生活、などが原因とされています。

 

女性 40代の抜け毛 薄毛の原因