女性の円形脱毛症

リーブ21

女性の円形脱毛症

悩んでいても中々言えないのが女性の円形脱毛症です。

 

円形脱毛症とは、円形の境目がはっきりした脱毛斑が発生し、次第に拡大していく症状を指します。

 

この病気は自覚症状の無いことが多く、ある日突然、頭にコイン大のハゲがあることに気づきます。

 

一般的には、「10円ハゲ」などと呼ばれることもあり、10円玉くらいの大きさで頭髪が抜けていきます。
しかし円形脱毛症の症状はさまざまで、円形の脱毛巣がひとつできるケースから、頭髪全体が抜けるケース、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、全身の毛が抜けるケースもあります。

 

円形脱毛症は、脱毛に勢いがあり、部分的に急にまとめて抜けしまうのが特徴的な症状です。
髪の毛が正常に成長していたのにもかかわらず、急に抜けてしまうといったところが、他の脱毛症との相違点といえるでしょう。

 

円形脱毛症の特徴円形脱毛症が疑われる場合、脱毛巣周囲の毛を、軽くひっぱってみてください。
もし、毛が数本でも抜ける間は円形脱毛症の症状が進行中だといえるでしょう。

 

また脱毛しているところの皮膚は、周囲よりへこんだ状態になっていないでしょうか。時には、軽い発赤を伴うこともあるようです。

 

円形脱毛症の進行がストップすれば、数カ月後に軟らかい毛が生えはじめ、その後には硬い毛がよみがえってくることが多いといわれています。

 

ストレスが原因の円形脱毛症は、放置していても自然治癒するケースが多く見られるそうです。

 

しかし、頭の髪の毛だけでなく、全身の毛が抜ける汎発性脱毛症の場合には、予後があまりよくないケースが多いといわれています。

 

円形脱毛症とその他の症状ひとくちに「円形脱毛症」といっても、さまざまな症状があり、脱毛に付随するその他の症状も見られることがあるようです。
原因は免疫機能を担うリンパ球の働きの異常によって起きる「自己免疫疾患」と考えられています。発症のきっかけの多くは、ストレスやアレルギー疾患によります。
また、円形脱毛症の治療には保険が適用されます。女性の場合、髪が長いので気づきにくいこともありますが、気づいたらすぐに皮膚科や毛髪専門医師に相談してみてください。