女性の年代別抜け毛・薄毛の予防

リーブ21

女性の年代別抜け毛・薄毛の予防

抜け毛や薄めの予防は基本的には正しい生活習慣と正しいヘアケアにあります。ですが、年代によって、頭髪や頭皮の状態は変わってきます。それぞれの年齢に応じた予防をしていきましょう。

 

20代における抜け毛・薄毛の予防

若い世代は気になるフケをなんとかしようとするため頻繁にシャンプーをしたり、ごしごし頭皮を洗ったりして頭皮を傷めたり、皮脂を落としすぎたりする傾向があります。
場合によっては炎症を起こし、乾燥したフケを伴うひこう性脱毛症の原因となり髪の毛のダメージに繋がる場合もあります。

 

また、この世代はダイエットを理由に偏った栄養の取り方や断食などの生活習慣の乱れも問題になります。
シャンプーは一日一回に抑えて、洗う際にも頭皮を優しく洗うようにしましょう。またフケの量が気になるときは、ひこう性脱毛症の可能性があるので、皮膚科に相談した方がいいでしょう。

 

30代における抜け毛・薄毛の予防

一般的には35歳前後からホルモン分泌が減り始めるのですが、ストレスが多くなった現代では年齢に関係なく女性ホルモンのバランスが乱れたり、過度なカラーリングなど頭皮や髪によくない状況や、正しいヘアケアをしていない若い女性の薄毛が多くなってきています。
またこの世代は妊娠や出産を経験する方も多いですが、分娩後脱毛症の原因となるホルモンバランスが崩れやすい時期でもあります。

 

ストレスを溜めない生活を維持すること、きちんと食事を取り栄養を取っていく生活習慣の見直しをすることでこれらの抜け毛や薄毛を予防することが出来ます。

 

また、この世代から肌の衰えが感じるようになります。頭皮と顔はつながっているので、頭皮が傷むと顔がたるみます。シャンプーは少し気をつけて、頭皮のダメージがない物を選ぶ様に気をつけましょう。
完全に安全な成分のみを使うことは不可能ですが、少し気をつけて避けるだけでだいぶ違うと思います。
そうすると抜け毛も減り、肌荒ればかりしていたのが良くなるようです。

 

40代における抜け毛・薄毛の予防

更年期を迎える40代に多いびらん性脱毛症の原因は女性ホルモンの減少やストレスなどによる栄養不足があります。
また一日2回以上のシャンプーやリンスのやりすぎや乱暴なブラッシングなどの間違ったヘアケアがあります。

 

この世代の予防はエイジングケアを意識した予防がよいでしょう。髪を洗うのは1日1回まで、髪を引っ張らず、髪の根元を立ち上げるようにブラッシングをすること、スタイリング剤は刺激の少ないものを少しだけ使いましょう。
そして、頭皮は強い刺激よりもマッサージで血行を促進させていきましょう。最後にシャンプー後は頭皮を中心にドライヤーを使用し、髪は半乾きで自然乾燥を♪
けれど、半乾きのまま寝るのは厳禁!しっかり自然乾燥させてくださいね。
また、ヘアアイロンは短時間だけ、セットローションなどの保護剤と併用して使いましょう。

 

女性の40代抜け毛の原因と予防